葛の花イソフラボンでダイエット!シボヘールがすごいと話題に

葛の花ダイエットを成功させるためにシボヘールを飲もう

いつの間にかお腹に付いてしまった脂肪、気になってしまいますよね。そんな人には葛の花由来イソフラボン配合の機能性表示食品、「シボヘール」が効きます。ウエストも内臓脂肪も、体重もしっかり減らせるシボヘールは、試したことがないならこれから注目です。

・お腹の落ちない脂肪が気になっていませんか

年を経るごとに、お腹の脂肪は運動をしてもまったく減る様子がなかったりしますね。年齢を重ねると共に、そんな状況は顕著になってくるでしょう。それは加齢とともに脂肪を分解することや、燃焼する力が衰えてしまっているからです。多くの人にとって脂肪とは、スタイルが悪くなったり、精神的に悩んでしまったりと、良いことは何にもありません。
特に気をつけたいのが内臓脂肪です。聞いたことがあるかもしれませんが、体の内臓脂肪というのは糖尿病をはじめとして、高血圧、脂肪肝、動脈硬化、心筋梗塞、脳梗塞などあらゆる病気を引き起こしやすくするのです。
なかなか減らない脂肪ですが、葛の花由来イソフラボンだったら、頑固な脂肪もすっきり落としやすくする効果を持っています。

・シボヘールの効果

葛の花由来イソフラボンのシボヘールの効果については、科学的な根拠もデータも揃っているので注目してみてください。97名を対象として、臨床視点を行いました。その時に参加したのはBMIの数値が25から30の人々ばかりです。BMI25は標準的かややふっくらという感じですし、BMI30といえば十分な肥満の領域に達しています。そんな人が参加した臨床試験では、葛の花由来イソフラボン配合のグループと、非配合のグループに分けた試験となりました。
結果ですが、葛の花イソフラボンを摂取した人たちは、2週間でお腹の脂肪面積が平均マイナス20平方センチメートルも減ったのです。
葛の花サプリ公式サイトが参考になります。

マイナス8平方センチメートルだけでもピンポン玉が7こ分ということを踏まえると、20平方センチメートルがどれだけものすごい量なのかわかりますよね。12週間という長期間のあいだですが、ずっと減り続けていたというのだから恐れ入ります。ウエストも体重も同様に、葛の花由来イソフラボン配合グループは、大幅に減らすことに成功しました。
一方で非配合のグループのほうですが、がんばってもお腹の脂肪、ウエスト、体重、すべて僅かに減るにとどまりました。いわば非配合のほうがこれまでシボヘールを使ったことのない皆さんに当てはまっています。

・葛の花の正体

こんなに効果がすごい葛の花由来イソフラボンですが、そもそも葛の花ってなに?というのはあると思います。この植物は日本を含むアジアに広く見られるマメ科の植物なんです。秋の七草に入っているので、知っている人は知っているという感じでしょう。
葛の根の部分は乾燥させることによって、昔から和漢に用いられてきましたが、花にも強い効果があることが知られて、江戸時代から使われてきました。
中性脂肪の合成を抑制するという効果、脂肪の分解を促進するという効果、脂肪の燃焼を促進するという効果。この3つを、葛の花由来イソフラボンから見つけ出すことに成功したんです。この葛の花由来イソフラボンを配合している効果的なサプリがシボヘールというわけです。

・安全性が高くて人気

といっても使ったことのない人は、安全性については気になってしまいますよね。でもシボヘールという機能性表示食品は、消費者庁に安全性を認められているものです。だから誰でも安心して体に取り入れることができます。
年齢を経て落ちにくくなった体脂肪が、ぐんぐん落ちると、中年以降の世代からも好評になっています。価格的に見ても一日あたり4粒飲んで、わずか93円にしかなりません。高額な運動器具を買ったり、ジムに通ったりするより断然経済的であると言えます。お腹の脂肪が気になっているかたは、今すぐ注文してみませんか。

葛の花が今ダイエットで超絶話題になっている件

「ウエストが閉まらない」
「健康診断で指摘された」
「何をやっても体重が減らない」
そんなお腹周りの悩みはありませんか?

年齢を重ねるごとに
気になるお腹周りには
原因がありました。

それは、
「脂肪を分解する力」や
「燃焼する力」が
衰えているからです。

年齢を重ねていく以上
「お腹周りは諦めるしかないのか」と
がっかりした方も
大丈夫です。

機能性表示食品の
シボヘールが
お腹周りのお悩みに
応えてくれます。

このシボヘール、
BMIが25〜30の
肥満気味な被験者97人を
対象にした臨床試験で
驚きの検証結果を
出しているのです。

その驚きの検証結果とは
お腹の脂肪が
平均20センチ減少、
内臓脂肪が
ピンポン玉約7個分減少
という効果を
出したことです。

もちろん
脂肪だけでなく、
ウエストも
体重も
減少したという
データがあります。

お腹周りに
絶大な効果がある
シボヘール。
その効果の秘密は
「葛の花由来のイソフラボン」
にあります。
葛の花は
日本では古くから親しまれ
和漢として高い効能が
あるとされています。

そんな葛の花に由来するイソフラボンには
脂肪の合成を抑える作用、
脂肪の分解を促進する作用、
脂肪の燃焼を促進する作用が
あります。

1つ1つの作用については
以下のとおりです。

燃焼し切れずに
余ったエネルギーは
肝臓で
中性脂肪と
合成されて
体脂肪として
蓄積されます。
葛の花由来イソフラボンは
この合成を
抑制する働きが
あります。

また、体脂肪は
エネルギーとして
燃焼させるために
脂肪酸に
分解する必要が
あります。
この分解を
サポートしてくれるのが
葛の花由来イソフラボンなのです。

そして、分解されて
脂肪酸となった体脂肪は
褐色脂肪細胞によって
燃焼されます。
葛の花由来イソフラボンは
褐色脂肪細胞の働きを
サポートして
脂肪酸をしっかりと
燃焼させます。

シボヘールの
葛の花由来イソフラボンは
これら3つの作用で
お腹の脂肪や
ウエスト、体重の
全ての減少を
助けてくれるのです。

しかも、
これほどの効果が
あるにも関わらず、
1日4粒飲むだけという
簡便さなので
忙しい現代人にも
ぴったりです。

これほどの効果が期待できると
安心・安全が気になりますが、
様々な研究によって
科学的根拠が証明されて
その根拠や安全性を
消費者庁に届け出ている
機能性食品なので、
安心して摂取することができます。

利用者の口コミでも
評価が高く、
男女共に
ウエスト周りへの効果や
内臓脂肪・皮下脂肪等への効果を
実感しているようです。
サプリメントなので
忙しくても
楽に続けられることも
魅力の1つだという声も
挙がっています。

どんなに効果がある
サプリメントでも、
コストがかかり過ぎるものは
続けられないですよね?

しかし、シボヘールは
3か月は継続して
効果を実感してほしい
という考えから
定期便購入があります。
定期便購入では
とてもお得に
シボヘールを
購入することができます。
1袋120粒(約1ヶ月分)で
2808円です。
1日わずか93円で
気になるお腹周りの
ケアができます。
さらに今なら、
定期便購入の
初回分の価格が
限定価格となっており、
なんと980円で
購入することができます。
送料無料で
大変お得ですね。
定期便購入では
2回目以降のお届けから
お届け間隔を
1〜3か月に1回から
自由に選べます。
うっかり飲み忘れて
余ってしまっているのに
次々に商品が
届いてしまうということを
避けられるので良いですね。

少しだけ試したいという方向けに、
電話注文限定で
1袋40入り(約10日分)500円の
お試し商品も
用意されているので
安心です。

気になるお腹周りに
たくさんの時間と
お金をかけてきたけれど
今ひとつ効果を
実感できなかったという方にこそ
試していただきたいシボヘール。
簡単に継続できて、
コストパフォーマンスが高いので
試してみる価値があるサプリメントです。

参考サイト⇒葛の花wiki

私の「ながら」ダイエットとキャンドルブッシュで痩せる事は可能

私は身体を激しく動かすことが嫌いです。なぜならそうやってはりきって運動し、ダイエットに励むと、なぜか必ずしっぺ返しが来るのです。ずっと風邪を引いていなかったのに、外を走って風邪菌をゲットして来てしまうとか。かいた汗で身体を冷やしてしまうとか。とにかく向いていないようなのです。
そんな私が激しく動かなくても実践しているダイエット法をお教えします。

1)下半身ダイエット

簡単です。料理する時は、爪先立ちをする。歯を磨く時は、スクワットをする。寝転んでいる時は、足上げ運動をする。座っている時は、脚クロスまたは腿上げ運動。これをやるだけでも全然変わります。

2)顔ダイエット

オフィスワークで1日のほとんどを費やすあなたは、ただでさえ自分の時間がないはず。では、仕事中は二重顎運動をしましょう。二重顎部分を10秒引っ込め、元に戻す。それを繰り返すだけです。家へ帰ったらもう少し頑張りましょう。モデルのローラがぷくぅ?っと?を膨らませるあの感じ。右側をぷくぅ?っと10秒。それが終わったら右側の?に入っている空気を左側へとゆっくり移し、ぷくぅ?っと。これを繰り返します。顔の筋肉はどんどんと衰えていきますから、こうして鍛えることでダイエットへと繋げましょう。

3)お腹ダイエット

これも簡単。椅子に座っている時や立っている時、絶対にお腹を油断させてはダメです。おへそを奥へぐーっと押し込み、お腹がぺたんこになる状態をイメージして、ぺたんこにしておきましょう。こうしているうちにお腹の筋肉が鍛えられていきます。ただこの時、お腹にばかり意識を送らずに、お尻もキュッと締めておくのがポイント。両側から圧をかけるイメージで。

4)二の腕ダイエット

女子的に、腕を真下に下ろしている状態で、肩より外側に腕の肉がこんもり出ていたらアウトです。でも二の腕ってかなり簡単に肉がついてしまいます。私はテレビを見ている時などに、二の腕がブルブルと震えるような運動を繰り返ししています。家族に「気になるからやめて」と言われたら、今度は二の腕つまみ運動。ひたすら、二の腕の袖になってしまっている部分を、脂肪を丁寧に潰していくようにしてつまみます。これを肘から始めて肩まで。まさかとお思いでしょうがこれはものすごい効果があります。つまみ運動は、二の腕ばかりでなく太ももや脇腹にも効きますので、ぜひ今からでも始めましょう。

5)背中ダイエット

忘れがちなのが背中、B面です。怠けてしまっている身体は背中にもしっかり肉がついています。これは3)のお腹ダイエットをしながら常にいい姿勢を意識するだけでも変わって来ます。あとは肩甲骨を意識しながらぐるぐるっと腕を回してみましょう。ずっといい姿勢を保っていても疲れますからね。そうやって、締めて、緩めて、を繰り返してみましょう。

ジムへ行かなくても、器具を使わなくても、自分の身体ひとつでいくらでもダイエットに励むことはできますよね!この季節外へ出るのも億劫になりがちですので、ただただコタツで丸くなるだけではなく、家にいながら、リラックスしながら、また仕事をしながら、出来ることからダイエットを始めていきましょう!

キャンドルブッシュのダイエット効果が参考になります。

健康な体をつくるめちゃフル青汁ダイエットに取り組もう!

めちゃフル青汁はダイエットにも最高!

ダイエットといっても何種類も方法があります。
自分にあったダイエット方法が必ずあると思います。
どうせ痩せるならリバウドしなくて綺麗に痩せたいですよね。
私は今までデブではないけれど少しぽっちゃりしてるね。と言われる体型でした。
しかし、とくにダイエットを意識して始めたりもしていませんでした。
ダイエットをしようと思ったわけではないですが、気が付いたら痩せてみんなから綺麗になったと言われるようになりました。
きっかけは暇だから始めたジム通いです。
気が付いたら毎日行くようになっていました。
やっぱり体動かす動かすことて気持ちいいなぁ。
めちゃフル青汁を飲んでジムに行くのもいいです。

今ではジムに行けなかった日は体がウズウズします。
ジムに行くといっても私の場合だいたい40?1時間ぐらいです。
内容も簡単なものばかり走ったり自電車こいだりと有酸素運動をして軽い筋トレをその日の気分でやるだけです。
1番は自分が楽しむこと!
ジムに行くと周りみんなが頑張っています。
なので自分も頑張りやすい状況にもっていくことが簡単にできるのです。
そして、体のラインに変化がでてきます。
これがけっこう嬉しくて嬉しくて!
友達もできてジム通いが楽しみになりました。
ジムに通いはじめてからなんだか健康にも興味ができて食事にも気をつかうようにしてみました。
まずは完食を控えるようにしてみました。
どうしても食べたい時はナッツや果物を食べるようにしました。
ナッツは美容にも健康にも良い食べ物です。
しかし、人間生きてればいろいろあるものです。
我慢できない時はチップスをちょっとだけ。
あとは揚げ物、たんぱく質を控えたり健康に気を使った食事を心がけるよにしました。
料理も楽しくなってきました。
ジム帰りに今日は晩御飯何にしようかなぁ。なんて考えたり。
これも、自分が楽しむことが重要です。
無理のない範囲でやっています。
めちゃフル青汁はダイエットにも効果があるので注目しているのです。

ダイエットに絶対をつけると長続きしません。
ストレスなくやるにはある程度は気をつけますが絶対にこうしなくてはという考えやめました。
そうして、無理なくそんな生活を続けること1年弱。
体力もできてきたし、風邪もひきにくなったし、肌も綺麗になったきがします。
友達に綺麗になったね。など声をかけてもらうはとても嬉しいものです。
自分にも自信がつきました。
運動はじめてよかったなぁと本当に思います。
近年いろんんなダイエットが紹介されていますが、やっぱり無理なく続けつことと楽しんでできるものが1番いいと思います。

やってよかった!今日もコアトレトレーニングでダイエットをする

この頃、どうしても眠気があるからどうの、疲れているからどうのと何かにつけ言い訳をしてコアトレを避けがち傾向があることに気づいている私です。ですが、自動的には健康美は手に入ることも育むこともできません。
本当は今日、先日捗って一日の開始スイッチがうまいこと入ったように、朝美活フィットネスをしたかったのですが睡眠不足で結局できずじまいでした。なので仕事から帰宅後、なるべく早いうちに済ませてしまおうと時間帯を柔軟的にシフトすることにしたのです。
今日は終日眠気があり、ひと仕事を終えても眠たい感じがしましたが「これを言い訳にしていてはいつまでたっても永久になりたいボディにはなれない」と、さぼりグゼがつくのも嫌だったのでそう自分に言い聞かせました。軽くコアトレ前の栄養をお腹に入れると、まずはマットをサッと引いてフラット地でシンプルにウォーミングアップストレッチに入り、クランチやツイストクランチなどから始めます。
フラット地でのクランチひと通りが済むころには、やる気スイッチが徐々に入ってきてそのままシットアップベンチ編のエクササイズもできました。「キツイのは当たり前。そうやって負荷をかけて強化させていくのがトレーニングなんだから」「キツイかもしれないけどこのまま言い訳が上手になってエクササイズから遠ざかって、自分らしさを磨けなくなったり筋力がさらに落ちた状態で筋トレ再開するのはもっとつらいよ?」自分にそう言い聞かせながら、眠気が少しぐらいあろうが、やる気があろうがなかろうが、ただただ淡々と目の前のトレーニングをこなすことに意識を集中させます。
「やる気なんかなくていいのよ。淡々と集中して回数だけこなせばいいんだから」そうとも言い聞かせました。これは、好きな元新体操選手がロープの演技の練習中にスパルタ教育のコーチに「今は長く飛べるように努力をしていたんです」と言ったとき、コーチからの「努力なんてしなくていいのよ。ロープの長さの分だけ飛べばいいんだから」という言葉をセルフアレンジするように置き換えての言い聞かせ方でもありました。
明らかに体が疲れ切っていたり休養を求めている場合は別ですが、何となくやる気がしなかったり、少しぐらいの眠気でサボり癖がついてしまうぐらいなら、少しぐらいつらくても淡々とこなすことだけに集中してまずは習慣づけの復活から始めています。今年のコアトレの課題は、その都度体のコンディションを確かめながらも、なるべく悪い方向へ行かないようコントロール力をつけることにしています。言い訳が上手になりたくはありません。
今日のコアトレを終えたとき、やっぱり顔つきは開始前よりもハツラツとしていましたし、いろんな意味やってよかったと思いました。トレーニング後のカフェはいつも以上においしかったです!

新年の誓い~毎年同じ事を祈る自分へ喝!痩せて綺麗になってやる!

むかーしむかし、まだ私がうら若き乙女であった頃。美しい脚の女優さんにあこがれて、ダイエットに踏み切ったことがあった。
『デブ』とよばれた事はなかったにせよ、女優さんの脚には到底かなわない程度の体形をしていた私は、ミニスカートをはいてみたい!という願望を胸に
1ヶ月ほど本気でダイエットしていた。

当時、私が行っていたのはダイエット飲料による食事制限と軽い運動である。
全体的に筋肉量が少なく、マッサージ師にさえ”どこの筋肉が凝るんですか!?”と聞かれた事がある位、情けない体であったこともあり、運動は欠かせない要素だった。
そんな体の人間が長距離を走れるわけはなく。走る為の前の体力作りとして就寝前に腹筋や腕立て伏せを毎日行う事で汗を流していた。
(そして結局最後まで走る事はなくダイエットは終了する。前フリはあくまでも前フリで終わってしまった。)
しかし元々運動をしない人間が体力作りに励み出したのだから、効果は絶大で腹筋はみるみるうちに鍛えられていった。
運動に関しては、これが自分のベストペースだったのだろう、と今でも思う。

問題は食事だった。
流行りのダイエット飲料とサラダで済ます様にしていたが、この時ダイエット飲料が口に合わなさ過ぎた。
私自身、ジュースの様かな?と夢見過ぎていたのかもしれないが、それにしても酷かった。
指示通り、水と混ぜて口にしてみたが、口の中に粉っぽさは残るは量は多いはで到底規定量を飲みきれない。
そこで私は、ドリンクの半分と、サラダを食べる事で何とか調整していた。
母が隣でコロッケをほおばるのを横目でチラ見しながら、不味いドリンク飲料をすすっていた。
揚げ物屋のダクトの下で白飯を喰う売れない芸人の様である。
でも不味くても飲み続ける自分の健気さに酔いしれ、また少しずつでも現れる効果が嬉しくて一か月頑張り続けた。

結果、1か月で3kg程痩せる事に成功。とりあえずミニスカートから出ていても我慢出来る程度にまではなった。
本来の目標は5kgであった為、もう少し頑張ろうかと思った事も確かだが、ダイエット飲料の不味さがその気持ちにブレーキをかけてしまった。
運動だけ続ければいい。そうしたら代謝が上がるから2kg位放っておいても痩せるはずだとタカをくくっていたこともある。
私はきっぱり一か月でダイエットは終了させてしまった。

そして現在。殆ど毎日の様に痩せなければと思っているのだが、なかなか行動に移せない自分がいる。
あの頃は1か月頑張れば痩せたものだが、今となってはまず無理だろう。
こんもり積もったお腹の肉。身動きする度に嬉しそうに揺れる両腕の肉。一年ごとに1kgずつ増えていっている気がしてならない。
もはや怖くて体重計にすら乗れない自分に喝を入れ、今年こそはあの頃の私に戻ろう!と毎年誓う私であった。

太らないようにするためにはバレエエクササイズのレッスンにきちんと通うこと

私はバレエエクササイズのレッスンに週に1回通っています。そこでレッスンの仲間がかつて
1か月間レッスンを休んで3kgも体重が増えた、と言っていました。
週に1度といえ、1か月も休むとカロリーを消費できず、代謝が落ちるので太るのは当然だと思いました。
そこで私は太らないようにするためには、バレエエクササイズのレッスンをきちんと休まずに通うことを心がけています。
カロリー消費はレッスン時間だけにとどまらず、レッスンに通う時間においても歩いたりするので結構カロリー消費します。
週に1度といえ、それを行うのと行わないのとでは長期的にみると大きな差が生じます。
40代の時、私はレッスンの友人に「レッスンに通っているのに痩せるどころか年齢と共にだんだん太ってきた」
とつぶやいたことがありました。そこでその友人は「しかしレッスンに通ってなかったら
この年齢なのでもっと太っていたと思うよ」と言われました。
確かに40代になると代謝も悪くなり、ホルモンバランスも崩れてだんだん太りやすくなります。
それだからこそ太らないようにするためには、きちんとレッスンに通って体を動かす習慣を
身につけなければならないとつくづく思いました。実のところ、私は30代後半からだんだん体重が増え続けました。
ダンスのレッスンを週に2回から1回に減ったことも考えられる大きな原因のひとつだと思いました。
たかが週1回、されど週1回です。その週1回も年単位となって積み重なるととても大きくなります。
だいたい1回のレッスンでレッスン時間とレッスン場までの往復などを含めて200kcalないし300kcalぐらい消費します。
それを月単位にすると1000kcalぐらいとなります。体脂肪1kgが7000kcalに相当することを考えると、
週1回のレッスンといえども通うのを怠ると単純計算をすると半年ぐらいで1kgは体重が増える計算になります。
それだけでなく、体を動かさなければ代謝も落ちるのでもっと早いペースで太るかもしれません。
また、別の仲間は半年で5kg太ったと言っていました。
その人は「レッスンをさぼったからそうなったのは当然かもしれない」と言っていました。
このような仲間2人の事例からも、レッスンを怠ると瞬く間に太ることを身をもって感じることができました。
「人のふりをみて我がふりを直せ」という諺をあてはめて仕事などで疲れていたり、暑さ寒さ、
雨などの外的要因でくじけそうになった時も、できるだけ時間を作って自分を奮い立たせてきちんと
レッスンに通うことだけは忘れないようにしたいものです。

夕飯を変えて、ちょっと歩いただけで一ヶ月で10キロ減

子供の頃はすごくガリガリだったのに、社会人になってお金を稼ぐようになってから、給料のほとんどが食費になってしまっています。昔から食べるのは好きだったのですが、一人ぐらしを始めてから夜中に間食するのが多くなってしまいました。特に金曜の夜は帰宅して、そのままダラダラ朝までゲームしたり、映画を見たりするのが、ストレス発散なので、体重が増えてしまうわけなんです。最近、自分の体が重いなあと感じるようになり、とてつもない危機感を感じています。彼氏もいないし、このままデブになってしまったら
結婚なんてできないと思います。デブで一生独身なんて悲しすぎます。なので、食生活を改めることにしました。夜更かしもしない方がいいと思うのですが、夜更かしは好きなので、なかなか辞められそうにないです。夕飯の炭水化物の量を減らして、野菜をたくさん取るようにしてます。ご飯の量は今までより少なめにして、毎晩、食卓にサラダを並べました。最初のうちはかなりきつかったです。サラダも毎日食べると飽きるんです。ドレッシングを変えても、食べたくない日って必ずきます。サラダにアボカドとか、ひよこ豆とか好きなものを混ぜて、毎日継続しました。すると、一ヶ月で何と10キロの減量に成功したのです。そして、最寄りの一つ前の駅で降りて、なるべく歩くのも心がけるようにしました。歩いて、毎晩サラダをとる生活にして、腸内フローラが変わったのかなあと思います。昔はお菓子とお肉が大好きな子でした。栄養バランスもガタガタだったと思います。そして、私は、毎食お腹いっぱい食べないと気が済まない子だったので、はじめはもの足りなさにも苦しみました。でも、どうしてもデブで独身は避けたいという思いで頑張りました。ちなみに、朝と昼は少しは気遣うものの、昔とさほど変化はありません。夕飯をガラッと変え、夜中の間食を控えるようにしただけで、10キロも落とせるんだなあってすごく驚きました。あとは、ちょっと歩くだけです。人間は慣れる生き物です。今は、お腹いっぱい食べなくても大丈夫になりました。むしろ、八分目くらいで止めれるようになりました。太っていると、いろんな病気にかかってしまう可能性が上がります。いつまでも、美しく元気で健康に人生を謳歌したいです。これからは、もっと体にいい料理を頑張ろうと思います。そして、この体型をキープしていこうと思います。日々の積み重ねってすごく大事です。